予防歯科・インプラント・歯列矯正なら広島県三原市の大名歯科

広島県三原市宮浦3-24-26
予防歯科・定期検診PREVENTIVE DENTISTRY

虫歯(むし歯)と歯周病の高い再発進行予防は
正しい知識とその実践と定期検診です。
痛くない快適歯科を始めましょう。

穴のあいていない初期のむし歯と歯肉炎は完治しますが、虫歯で歯に穴があいたり、歯周病で支える骨を失ってしまうと、二度と治りません。歯科は治療だけでなく、予防こそが大事ではないでしょうか?予防歯科が、痛くな歯医者の第一歩です。

当院の予防歯科の特徴

大名歯科ではクライアント(患者さん)に対して治療するにあたり、予防の考え方が最も大切だとスタッフ一同、常に認識しております。
再製可能な人工物(かぶせ物や入れ歯)がどれだけ持つかよりも再生ができない身体(歯や歯肉)を守ることの方がより大切です。
一昔前までは歯医者さんは痛くなったら行くところで、その状態になってしまうと痛い治療になることが多かったのも事実です。
現在は8020をスローガンにひたすら悪化した状態の歯でも残す傾向があります。
患歯に固執するあまり、この場合注意しないと結果的に隣の歯や周りの歯肉を早く失ってしまうことも少なくありません。

大名歯科の予防方針は悪化した歯のことだけでなく、たくさんの歯をいい状態で残し隣の歯や周りの歯肉のことも考え健康増進・お口の環境改善により、食生活や会話、笑顔を長期的に楽しんでいただけたらと切望しております。
患歯のことだけでなくお口全体、身体全体のことを常に考えながら予防治療に専念しております。
歯や歯茎をしっかり残して健康に生活するために最も大切なことはプラークコントロール咬み合わせのバランスです。
清掃しやすく前と奥と左右の咬み合わせバランスのとれたお口の環境を作るお手伝いを予防歯科で行っております。

どうして定期検診(予防歯科医療プログラム)が必要なの?

歯周治療の仕上げが「定期検診」です。
定期検診は、歯周病治療成功の鍵ともいえます。
歯周病治療によって歯周病菌が激減しても、残った歯周病菌は次のチャンスを狙っています。
患者さんのプラークコントロールが悪く、全身の抵抗力が落ちてしまうと歯周病菌のチャンス到来です。
歯周病治療後に歯肉の溝が深ければ、そのチャンスも早くやってきます。
喫煙や糖尿病といったリスクファクターを抱えている患者さんならなおさらです。
このように歯周病においては、定期検診が必要ないということはないと考えて間違いないでしょう。
治療も定期検診もしなければ10年間で約3本の歯を失い、治療はしたものの定期検診を受けなければ約2本の歯を失い、そして治療も定期検診も受ければ約1本の歯の喪失で済んだ、という報告があります。
20歳から10年で1本ずつ抜けても80歳で22本の歯が残り、歯科医師会が提唱する8020を達成できます。

予防歯科医療プログラム(定期検診)

定期検診のメニューは全身状態、歯周組織状態の把握から始まり、
口腔を健康に保つモチベーションを維持するための指導、歯ブラシなど清掃器具の使用確認、歯石除去、歯面にできた細菌の作ったバリアの除去(PMTC)、フッ化物塗布などからなりますが、患者さんに合わせて重点を変えます。
定期検診のペースは通常3カ月に1度が基本ですが、患者さんの状態によって前後します。
3カ月という間隔ならたとえ多少の炎症やプラークの沈着があっても、歯を支える骨の破壊まで起こることが少ないという報告があるからです。
しかしこの骨が一度失われてしまうと再生が困難でその後、歯周病の再発が容易になり、口腔不健康へのスパイラルが始まります。
歯肉はこの骨の言わばバリアであり、ここで炎症をくい止めることが口腔健康の最重要と考えております。
治療後初めて定期検診に移行する場合は、最初は短い間隔から始めて安定していることを確認してから、少しずつ間隔を延ばしていくのが安全な方法でしょう。
しかし、プラークコントロールが特に悪く、歯肉の出血が多くなっていると定期検診の間隔を短くした方が望ましいです。
また、定期検診の途中で再治療が必要になることもあります。 前回の来院より歯周組織の状態が悪化している場合や進行中の虫歯がある場合です。
患者さんの口腔ケアの意識と実践が不十分なこともありますが、診断や説明や特にメインテナンス間隔に問題があることもあります。
実際のところは患者さんと歯科医師と歯科衛生士の三人四脚で、状態を確認し相談しながら進めていきます。
この試行錯誤により定期検診来院者の日々の生活が健やかに送れるように予防歯科医療プログラムは決められていきます。

予防歯科医療プログラム(定期検診)の具体例

お口の状態によって受診サイクルが異なりますが、通常1~4ヶ月に1回の定期検診をおすすめしています。あくまでも口の中が健康な状態のうちに定期検診を受けて下さい。

妊娠されているママに

妊娠されると嘔吐反射が強くなるため、歯磨きもやりにくく、むし歯や歯周病になりやすくなります。
薬やレントゲンも好ましくないため、正確な診断、処置も行いにくくむし歯がある場合、ご出産されるまでは定期的な簡単な処置により進行抑制のみを行うことが多いです。
生れてくるお子さんのためにママにむし歯に対する正しい知識を知っていただき、食事指導などもあわせて行っております。

○乳幼児・小児に
まずお口のむし歯バイ菌の活性を検査し、みがき残しチェックを行い、大切なお子さんがむし歯になりやすいかどうか現状を知っていただきます。
そのお子さんそれぞれのむし歯リスクにあった歯ブラシ・フロス指導やおやつの摂り方などの食事療法フッ素による歯質強化を定期的に行っております。

○小学生に
乳歯から永久歯に萌え代わり将来の歯並びを決定する最も大切な時期です。
もし歯列不整が明らかな場合、この時期に簡単な矯正を行うことにより改善されることも少なくありません。
綺麗な歯並びは正しい咀嚼・発音・姿勢を可能にします。
さらに、将来にわたって歯列不整の方よりも歯磨きが行いやすく、むし歯と歯周病になってしまうリスクが明らかに少なくなります。
また、萌えたての永久歯はカルシュウムが少なくむし歯に大変なりやすいため、丁寧な歯磨きと定期的なフッ素による歯質強化がとても大切です。

○中高生に
むし歯になりやすい時期ですので、早期発見早期治療を心がけております。
歯列不整がある場合、将来のむし歯・歯周病リスクを減らすため矯正治療を行っております。
むし歯だけでなく、早い方は歯周病になり始めてます。この場合は成人と同様、専門家によるお口の中の徹底的なクリーニングを定期的に行っております。

○成人の方に
専門家による徹底的なクリーニングでむし歯・歯周病の原因である病原菌の除去を定期的に行っております。
歯ブラシの邪魔になる歯石を除去したり、歯の表面を滑沢にして病原菌の再付着を防ぎ、より病気にならない健康なお口作りを目指しております。
むし歯はないのに知覚過敏や痛みがある場合、咬み合わせが原因であることも少なくありません。
また歯ぎしりや喰いしばりによる歯の磨り減りがある方には咬み合せ検査の上、咬み合わせのケアを行っております。

○中高年の方に
歯周病に最もなりやすい時期です。歯の徹底的なクリーニング歯肉のマッサージを定期的に行っております。
歯が抜けた状態で放置していると周りの歯が動いてしまい咬み合わせの不調が起こります。その不調を予防するため基本的には歯を失ったところに歯を作ります。
抜けた歯のことよりも、残された他の歯の負担を増やさないことが、歯を残す大切なポイントです。

重度(前)
重い歯周病の状態で、
歯肉が黒っぽい赤色になっています。

重度(後)
1年後、歯肉は下がってきましたが、
ブラッシングにより、清潔に保たれています。

○入れ歯の方に
現在の技術では義歯安定剤を使用しなくても痛くない入れ歯を作ることは当然になってきました。
しかし、義歯安定剤は薬局でよく売れているそうです。
この義歯安定剤は使い方が非常に難しく、長期間、間違って使用すると咬み合わせを狂わせ著しく顎の土手を失ってしまいます。
部分入れ歯の場合、残っている歯(特に金具がかかっている歯)をこれ以上失わないように負担を増やさないようにすることが大切です。
入れ歯はかぶせ物と違いやわらかい変形しやすい歯肉の上にのっています。
ゆえに、歯肉が少しでも痩せた時はすぐに調整を行わないと金具のかかっている歯に負担を大きくかけてしまいます。
総入れ歯の場合は残っている顎骨の幅や高さで安定が左右されます。
これ以上、歯茎・土手をたくさん失わないように、痩せていく歯肉に頻繁に調整して合わせる必要があります。