予防歯科の歯医者なら広島県三原市の大名歯科

広島県三原市宮浦3-24-26
院長紹介INTRODUCTION OF THE DIRECTOR

歯科医師として

私は、歯医者(臨床歯科医師)は医療人で職人で接客人でなくてはならないと考えます。

私の医療人としての考え

『歯科医師とは歯科医療と保健指導を掌り、公衆衛生の向上に寄与し国民の健康な生活を確保するもの』でなくてはなりません。
歯科医療の医療とは医術・医薬で病気やけがを治すことです。
ただ、医術や医薬だけでは治りきらない病気もあります。その要因の一つとして私は心(メンタル)が大きく影響していると考えます。
したがって、真摯に患者さんの思いに向き合うと共に笑顔とおもてなし(ホスピタリティ)の心で対応します。

プラス思考を伝える男日本一
大名 幸一 Koichi Omyo

私の職人としての考え

いつになっても私は未熟だと思い知らされます。ゆえに永遠に学び成長したいと考えております。
治療技術(医術)を研鑽し続けることが使命であり楽しくて仕方がないのです。 また、機能美という言葉が大好きです。性能がよく素晴らしい機能が多く備わっているものは美しいと感じます。
その機能と美を長期に維持するためには見えない所に一生懸命力を入れることを意識しております。
一時的な見た目だけを最優先するのではなく、永く使えてなんぼ、噛めてなんぼではないでしょうか。

私の接客人としての考え

歯科医師という職業は常に「人」と接する仕事です。
職人としてこだわり続けながらも治療に対して対価を払う相手のことを考えなければならない。
対価とはお金であり時間です。
当院では時間の管理は徹底してこだわっております。
我々医療人の時間は来院者の大切な時間でもあることを肝に銘じ、歯科医療を通じてお互い充実した時間を過ごしたいと考えております。 これらの考えを全スタッフが共有し協力していただいていることを感謝しております。

略歴

昭和4*年 6月4日(むし歯予防デー) 広島県三原市に生まれる
幼少の頃から親ゆずりで手先だけは、かなり器用らしい
LEGOブロックと積み木遊びが大好きで育った
平成 *年 広島県立三原東高等学校
平成 9年 国立岡山大学歯学部
歯科医師免許取得
医療法人 小室会 小室歯科(在籍歯科医師数約40名)に勤務
ここで小室甲院長と阪木秀之副院長に精度の高い歯科技術を師事
平成14年 クリスマスイブに地元三原市で大名歯科を開設 院長就任
平成15年 広島大学病院 矯正歯科 研修登録医
平成21年 徳島大学 大学院ヘルスバイオサイエンス 研究部
口腔顎面矯正分野 矯正歯科 研修登録医
平成23年 医療法人 クワトロサンテ 理事長就任
平成27年 株式会社アトラック ドレミ園 嘱託歯科医
平成30年 株式会社吉井技工 名誉顧問
株式会社八天堂 嘱託歯科医

ライセンス・所属

歯科医師免許 [平成9年]
歯科技工士免許 [平成25年]
介護支援専門員(ケアマネージャー)資格 [平成26年]
BLS(一次救命処置)ヘルスケアプロバイダー認定 [平成25年]

日本歯科医師会
日本口腔インプラント学会
日本補綴歯科学会
日本温泉気候物理医学会
臨床器材研究所(日本口腔インプラント学会指定研究施設)
徳島大学歯学部矯正歯科

性格は几帳面なA型で歯科治療オタク

得意 技術家庭科・珠算二段・数学・理科・歴史・早起き
苦手 虫・香草・国語・夜更かし
長所 快眠・快食・快便・明るい変人
短所 音痴・肩凝り・歯科治療凝り性
好物 寿司・焼肉・ラーメン

ご挨拶

大名歯科のホームページへようこそ、院長の大名幸一です。
お口の健康は、体の健康の第一歩です。
当院ではホームページだけでなく、ブログやメール相談やリーフレットやDVDなどで皆様に役立つ健康歯科情報や予防歯科情報を発信し続けてきました。
豊かな毎日を過ごしていただくために、歯の大切さ、予防法をお伝えすること、心地良く過ごして頂ける予防歯科を提供することが私の使命だと感じています。
一生、健康なお口で生活したい。
わたしの大切な家族にも、歯のことで苦労をさせたくない。
とお思いのあなたは、是非ホームページやブログをさらにお読み下さい。
きっと、大名歯科がお役に立つことと思います。

大名歯科コンセプト

今までにない快適空間で心から満足いただけるクリニックを目指しました

平成14年クリスマスイブに広島県三原市で開院いたしました。
三原市近隣からはもちろん、三原市外や広島県外からも大名歯科のコンセプトに共感した多くの方に来院いただいております。
そのような方々は健康志向が高くまた、より美しくありたいと最新最良の治療を希望される方が多いようです。
そのため私たちは
ホスピタリティ・診療空間・インフォームドコンセント・治療技術、
すべての点において、常に高い質を求められていると実感しております。
『ホスピタリティ』は心のおもてなしです。
コミュニケーションを始めとし明るい笑顔で礼儀正しく全ての来院者をお迎えいたします。
『診療空間』は「快適」「プライバシー」に留意しリラックスして治療が受けられるため一人の空間を広くとり、光、音、温度に注意し安全で落ち着いた空間づくりを心がけました。
『インフォームドコンセント』では
放射線量の少ない歯科CT(三次元デジタルレントゲン)を導入
現状をご理解いただくことはもちろん、いくつかの治療プランをご提示いたします。
そのために重要視したのが、ゆったりとしたカウンセリングルームの完備でした。
ここで治療初期段階に患者さんと共に相談しながら治療の「ゴール」を決定したうえで、治療の「プラン」を構築していきます。
『治療技術』は、日々進化し続ける歯科医療において各学会や研修など積極的に参加し
常にその時の最善の治療を提供できるようスタッフ一同研鑽しております。

このページを見た方は、こちらのページもご覧になられています。